CAST

頭脳明晰なウィルス学者。ウィルス拡散を防ぐためにやってきたコールの任務に巻き込まれていく。彼を未来から過去へと送り込んだのが自分の残したメッセージであったことを知ると、人類を救う任務に強い意志で全力を注ぐが、同時に現代の世界でも起きている陰謀に気づき始める。
AMANDA SCHULL
アマンダ・シュル
1978/08/26ハワイ州ホノルル生まれ。優れた女優であり、高度な技術をもつバレエダンサーでもある。その両方の才能が買われ、『センターステージ』(00)で映画デビューを飾る。出演後、数年間サンフランシスコ・バレエ団に戻って活動したが、その後映画・テレビ界に戻り、人気シリーズ「One Tree Hill」(09~10出演)、「プリティ・リトル・ライアーズ」(10~13出演)、「SUITS/スーツ」(13~15出演)といった作品で好演、記憶に残る演技を披露してきた。映画作品には、アカデミー賞ノミネート経験をもつブルース・ベレスフォード監督作『小さな村の小さなダンサー』(09)、レオナルド・ディカプリオ相手に重要なシーンを演じたクリント・イーストウッド監督作『J・エドガー』(11)などがある。
    閉じる